読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の泡

プログラミング、サイエンス、その他日常のことをゆるゆると

急上昇キーワード「ショーンK」

文春の快進撃が止まりません。センテンス・スプリング、スゲー!

 

ショーンKことショーン・マクアードル川上こと川上伸一郎。広く知られるようになったのはやはり報道ステーションのレギューラーコメンテーターに抜擢されてからでしょう。大学の先生とかに混じって一人モデル顔のこの人って一体何者なんだろうと思っていました。モデル顔とインテリって普通相容れないもんでしょ?

 

前々から思っていたのですが、報道ステーションでのK氏の発言って何も心に引っ掛らないのです。他のコメンテーターの発言は流石に専門家だけあって時々非常に鋭い指摘があったりして、なるほどそういう考え方もあるのかと感心させられることがあります。しかしショーンK氏の発言って本当に何も記憶に残らないのです。番組が終ると何を言ったかすら憶えていません。

 

多分あのでっちあげの学歴がなかったら、報道ステーションに抜擢されることもなかったのではないかと思います。その意味で報ステはあの偽学歴に騙された一番の被害者ではないでしょうか?今思うと古館伊知郎がありがたそうにコメントを聞いてい感心している姿が間抜けでなりません。

 

当初事務所の社長という人がコメントしていましたが、意味が分かりませんでした。所属している会社の社長なのかと思っていましたが、何のことはない芸能事務所の社長のことなのですね。つまりそういう設定の芸人さんだった訳です。叶姉妹がセレブ姉妹という設定で活動しているのと同じことです。

 

それにしても相当学歴にコンプレックスがあったのでしょうね。あの役を演じる以上、高卒では困ると思ったのでしょうか。学歴で人を判断するやつはクズですが、その学歴を騙って人を騙すやつはもっとクズです。

 

急ごしらえのホームページだったために間違ったままになってしまったとか苦しい言い訳をしています。どう間違えば入学してもいない海外の大学を卒業したとになって、取ってもいないMBAを取ったことになってしまうのでしょう?偽装メニューでお馴染みの阪急ホテルズが、偽装ではなく表記ミスだと主張していたのと同じことです。

 

更にニューヨーク出身のクォーターということにもなっているようですが、どうもこれも嘘らしく、純粋な日本人だという話もあります。流石にこれは間違いで通すことはできなでしょう。もーどうでもいいけど。

 

それにしても「ショーンK」って「ミスターX」的な怪しさやうさん臭さがあります。とにかく佐村河内以来のヒットです。今年の偽装大賞、個人賞はこの人で決まりでしょう。